FXは円高でも円安でも儲けられる

FXは円高でも円安でも儲けられる

FXって外国為替保証金取引の略であることはご説明しましたが、このFX、二つ方法があるんです。
一つは、為替相場の変動によって儲ける方法もう一つは、外国と日本の金利差で儲ける方法です。
今回は一つ目の為替相場の変動について説明します。
FXなら、相場が上がっても下がっても儲かります。
例を挙げて説明しましょう。
あなたが1米ドルを100円で買いました。このとき1ドルは100円です。
fxでは米ドルを持っていると、日米の金利差が毎日貰えます。スワップと言いいます。
このスワップを仮に1円とします。
1米ドル持っていると、FXでは毎日1円貰えます。
逆に、1米ドルを売って日本円100円を買えば、FXでは金利差を払うことになります。
金利差を同じく1円とします。
そうすると100円持っていると、FXでは毎日1円支払います。
さて、外国為替の変動で、1米ドルが10日後に120円になりました。
あなたは1米ドル100円で買いましたので、10日間のfxのスワップ10円と為替相場の差額20円の合計30円を儲けました。
これが、円安になった場合です。
さて、円高の場合はどうでしょうか?
外国為替の変動で、1米ドルが10日後に80円になりました。
あなたは1米ドル100円で買いましたので、10日間のfxのスワップ10円と為替相場の差損20円で合計10円損をしました。
これが、円を売ってドルを買った場合です。
逆に、FXでドルを売って円を買った場合はどうでしょうか?
あなたは、1米ドルを売って100日本円を買いました。
外国為替の変動で、1米ドルが10日後に80円になりました。
あなたは、80円になったので、日本円を売って米ドルを買い戻しました。そうすると米ドルで1ドル25セントになりました。
FXではスワップの金利差を払うことになりますので、fxのスワップ10円が金利差損になります。この分はFXでのマイナス分になります。
1ドル25セントは100円ですから、円高になってFXで10円儲かったことになります。
どうですか?FXなら、円高でも円安でもやり方次第で儲かりますし、逆にやり方次第で損をします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。