FXのリスク

FXって、株式なんかに比べて安全な投資ですって、ご紹介していますが、FXのリスクについても紹介しますね。
FX最大のリスク、それは、追証とストップロスです。
まず、追証について説明しましょう。FXで追証とは、追加の保証金のことです。あなたが100万円をFX業者に預けてFXを始めました。
1ドル100円で10倍のレバレッジにしました。そうすると、FXでは1000万円の取引ができますが、為替の変動で、1000万円分のドルが950万円の価値になってしまうと、預けた保証金から50万円差し引かれて50万円しか価値が無くなってしまいます。FXでは、保証金の価値が50パーセントになると、FX業者に対して取引を終了するか追加の保証金を納めてFXを続けるかを決めなければならないのです。これが、追証です。
FXにはもう一つ、ストップロスという制度があります。FXでは、あなたがFX業者からお金を借りてFX取引を行います。あなたが預けたお金は、あくまでも保証金です。FX業者にとって、あなたが損失を出せば、それだけFX業者の不良債権になります。ですから、損失がある一定額になるとFX業者は取引をストップさせて、清算してしまいます。これがストップロスです。ストップロスは、損失額が保証金の80パーセントに達したら行われます。つまりゲームオーバーです。ですから、サブプライムローン問題で、FXをやっていた人が、寝ている間の大損したといっているのは、このストップロスに引っかかっちゃたからです。FXのストップロスを防ぐためには、単純な話ですが、保証金の損害を80%未満にすることです。
仮に預けたFX保証金が目減りしても、時間が経てば保証金の損失額も回復する場合が多いのです。米ドルも、史上最高値が1ドル80円でしたし、最安値は、ここ10年を見ても130円台までです。つまり、この範囲で上がったり下がったりしているんです。ですから、レバレッジを低めにしておけば、ストップロスは防げるのです。欲をかくのもほどほどがいいんですよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。