FXと税金1

FXと税金1

FX取引を行って利益が出れば、税金を払わなければなりません。当然ですよね。FXでは、為替の差益もスワップ金利も雑所得として課税されます。雑所得は、サラリーマンなら、年間20万円以下であれば、非課税になります。ただし、FXの利益と他の利益を合算して20万円を超えれば課税されます。ここで、FX業者によって、税金の額が違ってくるんです。
まず、為替差益については、清算しなければ利益は確定していませんから、課税されません。どういうことかと言うと、FXを1ドル=100円で1万ドル(100万円ですね)買いました。そうしたら、1ドル=130円になりました。そうすると、100万円が130万円になったので、清算すると30万円利益がでますが、清算しなければ含み益のままです。含み益であれば課税されません。一方で、スワップ金利ですが、スワップ金利はFX業者によって、毎日あるいは毎月支払うFX業者、清算するまで口座に預かりの状態にしているFX業者に分かれます。どちらが良いかは一概に言えません。口座に預かり状態でも、FXの元本に繰り入れているのであれば、レバレッジの面でリスク軽減になりますよね。また、税額の面でも、くりっく365のFX業者とくりっく365以外のFX業者で、税制面で取り扱いが異なるのです。
くりっく365については、別の記事でご紹介しますね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。