FXでの節税の方法

FXでの節税の方法

外国為替保証金取引(FX)での利益は、為替差益でもスワップポイント(金利)も雑所得となります。ちなみに雑所得は20万円までは申告の必要がありませんが、非課税とは違います。従って、FXでの利益が10万円でも申告すれば課税されます。FXでスワップポイント(金利)を得ている人は毎年確実に利益が出ます。このFXのスワップでの利益が毎年20万円以下ならば、申告は不要ですから、丸々残ります。
ここで、スワップ金利を毎日又は定期的に受け取れるFX業者と、FXを清算しないとスワップポイントを受け取れないFX業者の違いが出てきます。スワップポイント狙いでFXをやっている人は、長期間に渡ってFXをする場合が多いので、毎日又は定期的にスワップポイントを受け取れるFX業者にしましょう。スワップポイントはFXでは非常に利益を出し易い投資法です。ですから、最初から税金を頭に入れた対策が重要です。
例えば、11月20日の時点で、1ニュージーランドドル=84円で、スワップポイントが1万ニュージーランドドルで180円になっています。手元に資金が50万円あったとすれば、FXを5倍のレバレッジで行えば、3万ニュージーランドドルになります。スワップポイントは、毎日540円です。1年保有していれば、197000円の利益になりますから、申告は不要です。手元に100万円があれば、夫婦で50万円づつ行うのも一法ですね。
ちなみに、5倍のレバレッジでは、1ニュージーランドドル=75.6円でFX保証金が50%になりますから、ちょっとリスクがありますね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。