2年5か月ぶりの1ドル107円台に

2年5か月ぶりの1ドル107円台に

そろそろFXの買い時でしょうか?
アメリカ感謝祭明け23日のニューヨーク外国為替市場の円相場が、日本時間の24日午前7時時点で、前々日比12銭円高ドル安の1ドル108円25〜35銭で取引を終えました。円相場は、一時的にですが、約2年5か月ぶりとなる107円台まで円が買い進まれましたが、その後は、円を売ってドルを買い戻す動きが出ました。対ユーロの円相場は、日本時間の24日午前7時時点で、49銭円高・ユーロ安の1ユーロ160円61〜71銭で取引を終えました。
どうも、外国為替市場では、円とドルの2弱の状況だったんですが、ドルの一人負けになってきましたね。FXでも、他のニュージーランドドルや豪ドル、ユーロは、円が米ドルに比べて強くなっても、一向に変化がありません。107円ということですが、これ以上の円高はなりにくいでしょうから、FXを米ドル以外でやろうと考えている人にはチャンスかもしれませんね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。