くりっく365でないFX業者のメリット

くりっく365でないFX業者のメリット

FXには、くりっく365のFX業者と非くりっく365のFX業者がいるということは、前回お話しましたね。くりっく365のFX業者は、東京金融先物取引所の加盟業者です。非くりっく365のFX業者は、東京金融先物取引所に加盟していない業者です。そして、加盟していないFX業者の方が多いのです。なぜ加盟しない業者の方が多いのでしょうか?
それは、東京金融先物取引所の設立前にFXという投資制度がすでにあったんです。そして、FXの大手業者が存在していて、多くの顧客を抱えていたのです。ところが、ある事件が起きてFX業者が倒産し、保証金が返還されませんでした。そこで、東京金融先物取引所が設立されて、くりっく365という取引所取引が始まったのです。このくりっく365に参加したFX業者はどちらかというと中小のFX業者だったのです。くりっく365のデメリットとしては、まず、取引所に参加手数料が必要なため、FX取引をする顧客の手数料が割高になります。また、基本的に同じレート、スプレッドとなります。そういったことから、くりっく365に加盟していないFX業者の方に、大手のFX業者が多いんです。
くりっく365に加盟していなければ、レートやスワップ金利等を独自に決められますし、手数料も割安になります。
では、どちらがいいのでしょうか?
それは、別の記事でご紹介しますね。

FXでのくりっく365とは?

FXでのくりっく365とは?

くりっく365とは、東京金融先物取引所という、FXでの東京証券取引所みたいな団体の言ってみれば公認FX業者です。

東京金融先物取引所のサイトの言葉を引用します。
透明性の高い価格での取引
「くりっく365」では、投資家の皆様は、複数の有力金融機関が提示する価格のうち、最も有利な価格で取引できます。複数の有力金融機関が価格を提示しますので、業者が任意に設定する価格で売買を行わなければならない非取引所取引と比べて透明かつ有利な価格での売買を期待できます。

公認FX業者ですから、公認されていない非くりっく365のFX業者よりも、税制面で優遇されています。どの程度優遇されているかというと、くりっく365のFX業者を利用している顧客は、fxで得た利益は申告分離課税となり、税率が一律で20%なのです。それ以外のFX業者の場合は、総合課税となります。総合課税ですと、顧客のほかの所得と合算されます。つまり給与所得があれば、年収に加算されます。税率は累進課税ですから、最高は50%になります。
また、くりっく365のfx業者を利用している場合は、他の取引との損益の通算や、過去の損失を繰り越して利益を出した年に調整ができるという利点があります。じゃあ、くりっく365のFX業者以外はだめなのか?そうでもないんです。くりっく365以外のFX業者も色々な面でメリットがあります。それは、別の記事でご紹介しますね。

外国為替保証金取引(FX)のメリット

外国為替保証金取引(FX)のメリット

外国為替保証金取引(FX)のメリットは、これまでもご紹介してきましたが、リスクコントロールがしやすいこともメリットの一つです。まず1つ目は、FXの場合は、レバレッジの倍率設定はFXを行うあなたの判断で決められること。2つ目は、FXには満期が無くて、いつでも自由に解約できること。3つ目は自動売買のシステムを設けているFX業者が多いので、自動売買システムが使えること。
1つ目と2つ目は、すでに説明していますので、3つ目のFXの自動売買のシステムについて説明しましょう。FXの自動売買システムとは、あらかじめ一定の状況になった場合に、FX取引の注文を出しておくことによって、その状況になった時に自動的に売買をしてくれるシステムです。例えば、1ドル100円になったら、全額売り、1ドル120円になったら1万ドルを3倍のレバレッジで買いとかです。こうしておけば夜中に相場が乱高下した場合でも対応してもらえます。8月に海水浴に行ってる間にストップロスに遭ったなんてことはなくなります。


外国為替保証金取引の特徴 満期がない

FX(外国為替保証金取引)の特徴 満期がない

FXの特徴として、満期がないことが挙げられます。
それに対して、外貨預金や外国債券には満期があります。勿論満期前に解約することは可能ですが、場合によっては元本割れをおこすことがあります。それに対してFXは満期がありません。FXを始めたい時に開始して、FXを解約したい時に解約できるのです。これはFXの大きなメリットなのです。しかも、外国為替保証金取引の場合は、途中で止めても保有期間が短いからスワップ金利が低くなるということはありません。外国為替保証金取引のスワップ金利は、日割り計算ですから年利6パーセントなら、その率分だけ受け取れます。つまり、FXでは自分でFXを続けるかどうかを決定できるのです。
一方で、外貨預金や外国債券では、中途解約では、解約手数料を取られます。満期直前に円高・ドル安になったりしても、解約できず、みすみす損をしてしまいます。FXに満期が無いこと。これは、リスク管理の面で、他の投資に比べて大きなメリットなのです。

FXのリスク

FXって、株式なんかに比べて安全な投資ですって、ご紹介していますが、FXのリスクについても紹介しますね。
FX最大のリスク、それは、追証とストップロスです。
まず、追証について説明しましょう。FXで追証とは、追加の保証金のことです。あなたが100万円をFX業者に預けてFXを始めました。
1ドル100円で10倍のレバレッジにしました。そうすると、FXでは1000万円の取引ができますが、為替の変動で、1000万円分のドルが950万円の価値になってしまうと、預けた保証金から50万円差し引かれて50万円しか価値が無くなってしまいます。FXでは、保証金の価値が50パーセントになると、FX業者に対して取引を終了するか追加の保証金を納めてFXを続けるかを決めなければならないのです。これが、追証です。
FXにはもう一つ、ストップロスという制度があります。FXでは、あなたがFX業者からお金を借りてFX取引を行います。あなたが預けたお金は、あくまでも保証金です。FX業者にとって、あなたが損失を出せば、それだけFX業者の不良債権になります。ですから、損失がある一定額になるとFX業者は取引をストップさせて、清算してしまいます。これがストップロスです。ストップロスは、損失額が保証金の80パーセントに達したら行われます。つまりゲームオーバーです。ですから、サブプライムローン問題で、FXをやっていた人が、寝ている間の大損したといっているのは、このストップロスに引っかかっちゃたからです。FXのストップロスを防ぐためには、単純な話ですが、保証金の損害を80%未満にすることです。
仮に預けたFX保証金が目減りしても、時間が経てば保証金の損失額も回復する場合が多いのです。米ドルも、史上最高値が1ドル80円でしたし、最安値は、ここ10年を見ても130円台までです。つまり、この範囲で上がったり下がったりしているんです。ですから、レバレッジを低めにしておけば、ストップロスは防げるのです。欲をかくのもほどほどがいいんですよ。

FX成功の秘訣

FX成功の秘訣

FXをやっていく上で、成功の秘訣は何かと聞かれたら、金利狙いに徹底することです。普通の人は、FXとか外国為替保証金取引と聞くと、ハイリスクハイリターンの金融商品だと思い勝ちですね。でも、FXがハイリスクになるのは、使い方なんです。FXでハイリターンを狙えばハイリスクにならざるを得ないのです。それがいやなら日本の銀行に預ければいいんです。でも、投資をしたい。できればゴッソリ。それがいけないのです。FXはリスクを少なくして、年利20〜30%を狙える金融商品として位置づければ、これほど安定した利益を確保できるものはないのです。為替の値動きに一喜一憂せずに、金利だけを狙う。これがFXのポイントです。100万円を元手にして、3倍のレバレッジでFXを行えば、年利20パーセント程度の運用になります。これは金利ですから、FXでは絶対に手に入る収入なのです。fxでは、それにプラスαで、為替を横にらみしていればいいんです。基本的にFXで3倍のレバレッジであれば、100万円の元手が50万円の評価にならなければ追証を求められません。つまり3倍のFXでは、買った外国の通貨が17パーセント値下がりにならなければ大丈夫なのです。8月のサブプライムローン問題で、ドルやニュージーランドドルが下がりましたけれど、17%までは行きませんでした。FXで大損したという人は、5倍10倍のレバレッジでFXをやっていた人です。

FXは円高でも円安でも儲けられる

FXは円高でも円安でも儲けられる

FXって外国為替保証金取引の略であることはご説明しましたが、このFX、二つ方法があるんです。
一つは、為替相場の変動によって儲ける方法もう一つは、外国と日本の金利差で儲ける方法です。
今回は一つ目の為替相場の変動について説明します。
FXなら、相場が上がっても下がっても儲かります。
例を挙げて説明しましょう。
あなたが1米ドルを100円で買いました。このとき1ドルは100円です。
fxでは米ドルを持っていると、日米の金利差が毎日貰えます。スワップと言いいます。
このスワップを仮に1円とします。
1米ドル持っていると、FXでは毎日1円貰えます。
逆に、1米ドルを売って日本円100円を買えば、FXでは金利差を払うことになります。
金利差を同じく1円とします。
そうすると100円持っていると、FXでは毎日1円支払います。
さて、外国為替の変動で、1米ドルが10日後に120円になりました。
あなたは1米ドル100円で買いましたので、10日間のfxのスワップ10円と為替相場の差額20円の合計30円を儲けました。
これが、円安になった場合です。
さて、円高の場合はどうでしょうか?
外国為替の変動で、1米ドルが10日後に80円になりました。
あなたは1米ドル100円で買いましたので、10日間のfxのスワップ10円と為替相場の差損20円で合計10円損をしました。
これが、円を売ってドルを買った場合です。
逆に、FXでドルを売って円を買った場合はどうでしょうか?
あなたは、1米ドルを売って100日本円を買いました。
外国為替の変動で、1米ドルが10日後に80円になりました。
あなたは、80円になったので、日本円を売って米ドルを買い戻しました。そうすると米ドルで1ドル25セントになりました。
FXではスワップの金利差を払うことになりますので、fxのスワップ10円が金利差損になります。この分はFXでのマイナス分になります。
1ドル25セントは100円ですから、円高になってFXで10円儲かったことになります。
どうですか?FXなら、円高でも円安でもやり方次第で儲かりますし、逆にやり方次第で損をします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。